年上彼氏との上手な付き合い方

男性と付き合う時、その相手の人が年上である場合はつい付き合っている時に嫌になったり、相手の年上彼氏に嫌がられたりすることがあります。
その時、上手に付き合いたいと思います。
ここでは、そんな年上彼氏との付き合い方についてご紹介します。



甘え過ぎない

年上と言うことで、つい甘えすぎてしまうことがありますね。
その時、彼氏だって甘えたい、そんな気分のこともあるのです。
そのため、彼氏が疲れている時には、そのことを察して甘えすぎないようにします。
そしてそっと寄り添い、彼の気持ちを包んで上げるようにしましょう。

ギャップは気にしない

年が違うことで、会話がかみ合わないこともあります。
その時、ふざけて笑いすぎてしまうと、相手の男性が傷つくことになるのです。
そのため、会話をしていて知らない事でも、気にしないようにします。
もっと知りたいという風にすると、年上彼氏もとても嬉しくなります。
また自分も楽しむことができますね。

相手をいつも立てる

男性は、どんな時でも男性として立ててもらうことを望んでいます。
その時、年上彼氏は大丈夫と思わないことが大切です。
年上であっても、そのことは男性として優位に立ちたいと思っています。
そのため、いつも頼りにしている、尊敬していることを思うようにしましょう。
尊敬していることを、言葉として伝えることが大切です。
思っているだけでは、伝わらないことが多いのです。特に年下の彼女に対して引け目を感じていることもあるでしょう。
そのことを感じさせないような尊敬の態度と言葉を伝えるようにしましょう。

年について話題にしない

年は関係ないと思って付き合っていても、つい話として話題にすることがありますよね。
その時は出来るだけ、早めに話を切り上げるようにします。
すると男性としても、安心することができます。

彼の好みに合わせる

洋服など、年下であるとつい流行を追うことになります。
しかし年上彼氏がそんなに好きではない洋服だったりすると、ちょっと嫌な気分になることがありますね。
その時は、素直に嫌がる洋服については着ないようにしましょう。
女性同士でそんな時には、楽しめばいいのです。
彼氏の好みに合わせる事は、とても大切な事です。

年上彼氏との付き合い方は、時には疲れてしまうと思うこともあるでしょう。
しかしそれ以上に包容力があるなど、良いこともたくさんあります。
そのことを重視して、付き合うようにすると長くお付き合いすることができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。