2月3月4月5月花粉症のひどい季節はいつですか?

花粉症はとても幅広く、代表的なスギ花粉から草花の花粉までいろいろなタイプの花粉症があります。
2月にはスギ花粉が飛び始めると言われますのが有名ですが、3月か4月の桜の陽気が始まるころにはヒノキ科の花粉も飛び始めます。
そして5月の連休という緑の美しい季節にはブタクサなどの花粉が飛び始めます。



2月3月4月5月の他にもイネ科やハンノキの花粉など様々な花粉の情報が耳鼻咽喉科のクリニックなどには紹介されていたりするものです。
花粉症がどの季節に重く現れるのかでおおよそ原因の物質を特定することができるでしょう。

一般的には原因を突き止めるよりも対処療法が優先的に行われています。
体にあった鼻炎薬の処方が一般的です。
鼻炎薬はきついものからゆるいものまで効果は幅広く存在します。
抗ヒスタミン剤も多いのですが、軽い花粉症の方には軽い薬をオススメします。

市販されています「アネトン」などは一回三錠という服用方法ですから、軽い花粉症の方ならば一錠服用する、それでも効果が現れなければもう少し飲んでみる、いうように自分で調整して少な目の服用ができるのが魅力的です。
「ダンリッチ」などは強い効果が得られやすい薬ですので重症の花粉症の方にはおすすめです。
しかし服用しますと喉や肌の渇きが感じられることもあるくらい効果は大きいですので水分補給をしっかりとするように心がけましょう。

妊娠の可能性がある方には、優しいタイプの鼻炎薬のほうがおすすめです。
そして、妊娠が発覚しました時点でドクターに薬の可否を聞いてみましょう。
妊娠超初期には問題ない薬がほとんどですが、妊娠初期段階には服用を控えたほうが良い薬が多く存在するのです。

血液検査などで特定のアレルギー物質を検査する方法もあります。
花粉症なのか、家の中にアレルギー物質があるのかを調べたいという場合にはこの方法も有効な手段といえるでしょう。
アレルギーの原因は主に花粉やペットや埃などが一般的です。

花粉症が出やすい季節が特定できましたら、その季節を迎えるころには対策を考えておきましょう。
耳鼻咽喉科で薬の処方を受けておくのは最も有効で一般的な方法です。
注射でワンシーズン効果を発揮する薬も人気があります。
点鼻薬などもひどい鼻炎の方には心強いお守りとなるでしょう。

また、ひどい花粉症の方でまれに熱が出てしまうこともあります。
鼻炎の時期には無理はなさらず積極的に体をいたわって過ごしましょう。
先ずは薬で炎症をおさえる事から始めてみましょう。