春の花粉症と風邪との大きな違いとは?

春になると、花粉症で苦しんでいる…という方も多いのではないでしょうか。
春になれば、毎年のように花粉症になっているという方もいれば、実はここ最近で、花粉症になってしまった…という方もいます。
花粉症は突然発症するものであり、アレルギーなどがなくても、花粉症になってしまう方も多いです。

しかし、花粉症の症状というと、鼻水や、くしゃみなどの症状になり、時には頭痛などの症状も現れます。
このため、風邪の症状と似ている部分があります。
このため、風邪なのか花粉症なのか見分け方が分からないという方も多いのではないでしょうか。



風邪と花粉症の見分け方

そこで、風邪と花粉症の見分け方ですが、風邪と花粉症は、まずは大きな点でいくつか違いがあります。
まず、風邪の場合には、花粉症とは違い、喉の粘膜に炎症が起きていることが多いです。
このため、喉の痛みなども同時に伴うのが特徴です。

花粉症の場合には、くしゃみや鼻水などの症状だけなのに対して、風邪は喉の痛みや喉の違和感が伴うことも多いので、見分けることが必要です。
また、風邪の場合には、症状がどんどんと酷くなり、2~3日にピークに達することになります。
しかし、花粉症の症状に関しては、花粉が飛ぶ日にピークになり、花粉が飛ばない雨の日などには症状が落ち着きます。
このため、2~3日経ってピークがコロコロ変わる場合には花粉症と風邪とが見分けられるといえるでしょう。
風邪の場合には、少しずつ落ち着いてくることがほとんどですので、この点でも花粉症とは異なります。

風邪なのか花粉症なのかわからない時

また、風邪か花粉症か分からない…という場合にも、対処法は同じになりますので、同じように対策をすると良いでしょう。
たとえば、マスクをして喉などを保湿したり、飲み物を飲んで、喉や鼻の粘膜を潤すようにするということはとても大切です。
これは風邪の場合も、花粉症の場合も、対処は変わらないのです。
また、風邪の場合も、花粉症の場合にも、どちらでも、睡眠をしっかりと摂ったり、栄養のある食べ物を摂ったり¥することがとても大切となります。
症状を和らげるためには、体を休めるということがとても大切です。

多くの方が、こういった花粉症に苦しんでいますが、風邪の症状とも似ているので、見分ける必要があります。
花粉症と風邪と迷った場合には、とりあえず耳鼻科に行ってみましょう。
そうすれば、ただの風邪なのかどうかを判断してもらうことが出来て、治療薬なども処方してもらうことが出来ます。