春に多い!花粉症の原因について

春になると花粉症で調子が悪くなるという人は多いですよね。
しかし、どうして春になると調子を崩してしまう人が多いのでしょうか。
そこで、春の花粉症の原因についてご紹介してみたいと思います。



花粉症はどんな原因でおこる?

花粉症は、体の中に花粉というアレルゲンが侵入してきたことで引き起こされる抗原抗体反応といえます。
花粉という異物が入ってきたとき、それを排除しようとする免疫の反応なのです。
その結果、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどが引き起こされてしまうのです。
花粉症の原因となる花粉にはスギやヒノキ、ブタクサの花粉などが挙げられます。
これらは、1年中飛散しているといわれていますが、特に春になると飛散量が増えるのです。
これらの花粉アレルゲンが鼻の粘膜に付着することで、私たちの体の中に抗体が作られることになります。
その後、アレルゲンが身体に入ってくることでアレルギー反応が起こるのです。

花粉のピークは2~4月

花粉のピークは2月から4月だといわれます。
そして、5月も花粉の量も種類も多く、春は一年の中でも花粉が多い季節なのです。
そのため、しっかりと予防をしていくことが大切です。花粉症の症状を感じたらできるだけ早めに対策するようにしましょう。

外出時には眼鏡やマスクを着用しましょう

花粉症の症状があるという人だけでなく、まだ花粉症の症状が現れていない場合も、外出時は花粉に触れないように工夫しましょう。
例えば、メガネやマスク、帽子などを着用し、花粉が付いても簡単に払えるような花粉を落としやすい服装で外出するのがおすすめです。
帰宅後は、玄関先で吹くについた花粉を払落し、うがいと手洗い、洗顔などをしておくと安心です。
症状が重いという場合にはシャワーを浴びるのも効果があるといわれています。
しかし、鼻水やくしゃみなどが続いてしまうという場合には病院などで薬を処方してもらいましょう。

まとめ

春に花粉症で辛い思いをする人が増える原因は、一年のうちで春は花粉の飛散量が増えるからといえます。
花粉症は抗原抗体反応で、抗原である花粉が体の中に入ってくると抗体がつくられます。
その抗体が作用して花粉症の症状が引き起こされます。花粉症の症状はできるだけ早期に対策することが重要です。
また、外出時には眼鏡やマスクを着用するようにして花粉にふれないように工夫しましょう。
そして、軽い症状のうちにできるだけ早く対策をするようにしましょう。