春に花粉症の症状が出る原因と主な症状

花粉は1年を通して飛んでいるのですが、花粉症の症状に悩む方が多い季節は春です。
でも、どうして春には花粉症がひどくなるのでしょうか。
そして、症状も人それぞれです。症状にあわせて対処をしていきましょう。



春に症状が出る原因

花粉症といっても原因となる花粉はいくつかあります。

日本では花粉症の原因の8割がスギ花粉だといわれています。
春にはスギ花粉が飛び始めて、九州地方では2月上旬、関東地方では2月中旬、東北地方では3月上旬ころから飛び始めることが多くあります。
ヒノキ花粉はスギ花粉よりも約1か月遅れて飛び始めるため、症状が長引く場合はヒノキ花粉の影響が考えられます。

春以外にも花粉症に悩んでいる場合は、スギやヒノキ以外の花粉の影響です。
4月から6月にかけてはカバノキ科の花粉、5月から8月くらいまではイネ科の花粉、8月から9月ころはブタクサなどの植物の花粉が多く飛びます。

4大症状

花粉症の4大症状といわれているものが、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみです。

くしゃみ・鼻水・鼻づまりは、鼻の粘膜に付着した花粉を追取り除こうとする免疫反応です。
鼻水は鼻の粘膜に付着した花粉を取り除くために普段よりも多く分泌されます。
風邪のときとは違って、透明でサラサラとしていることが特徴です。
鼻づまりは鼻の粘膜が腫れて鼻の通りが悪くなることが原因です。
くしゃみも鼻の粘膜に付着した花粉を取り除こうとするもので、連続して出やすい特徴があります。
目のかゆみは花粉によって知覚神経が刺激されたり炎症が起こることが原因です。
かいたりこすったりすると目の粘膜を傷つけてしまったり、かゆみが悪化をします。

その他の症状

花粉が肌に付着をすると、肌が荒れたりかゆくなることがあります。
耳の中に花粉が入り込めば、耳の中がかゆくなります。
花粉がのどから入り気管に付着をすれば、痰がでない乾いた咳がでます。
重症になると気管支の粘膜が腫れて、喉の傷みや呼吸困難を引き起こすこともあります。
頭がボーッとする、だるいといった症状が表れる方もいます。

対策

家の中に入る前には花粉を振り払いましょう。
表面がつるつるした素材の衣服だと花粉を払い落しやすいです。
帰宅をしたら、うがい手洗いをして粘膜や皮膚に付着した花粉を落とします。
花粉症は免疫の異常なので、免疫を整える工夫もしてみましょう。
免疫の7割ほどは腸に集まっているので、腸内環境を整えることが重要です。
発酵食品や食物繊維などは腸内環境を整えることに役立ちます。