石原さとみの髪型は前髪なしタイプ

石原さとみの髪型で、彼女のアレンジの利いたスタイルは有名です。
仕事の時には、きっとスタイリストさんが、髪型を結ってくれるのでしょうけれども、今回は、彼女の前髪なしタイプのスタイリングについて、説明します。
石原さとみさんが、ヴィジュアルでオン・エアーになるときは、それはスタイリストのちゃんとした仕事の結果ではありますが、そのスタイルチェンジをこなせるだけの技量と言うものは確かに、女優としての力量を伺う事ができます。



特に、前髪なしタイプでの髪型のスタイリングと言うのは、雰囲気も必要ですし、女性としても、額の部分を大きく露出出来るには、やはり少なからずの自身があるという訳になります。
前髪をなしにして、大きめに顔面を前に出すとはいっても、やはりその控えめな性格が個性をつくっていますので、ある程度の安心感があります。
ヘアスタイリングの方式から言えば、額を出すときには、後ろにまとめたかたちにすれば、ヘアボリュームが下がりますので、横髪のアレンジは、ふわっとまとめていなくてはなりません。

女性として、髪型に耳を隠すのであれば、額を大きく分ける事で、自身の個性をアピールすることができます。
つまり、前髪なしタイプでのヘアボリュームは、より私生活に近い雰囲気の演出になります。
なので、横になびくサイドヘアを大きく見せる事に、その必要性がある訳ですが、これには、確かにヘアボリュームの点で、参考にしなくてはならない技術があります。
つまり、サイドヘアの、レイヤー・シャギーのカッティングのテクニックが必要です。そして、そのボリューム感をなびく感じで演出するのに、ドライヤーのテクニックも重要になります。

自然なかんじとして、額からサイドになびく感じを演出するには、やはりペタ髪にならないように、トップヘアのアレンジは必要です。
そして、サイドにフローティングする段階で、アクセントとなるヘアー小物も多少必要です。
つまり、前に髪が垂れてこないようにという意味と、アクセントとして、カジュアルポイントの小物が利く形にします。

よく、ぽっちと言われる、ヘアーアクセントですが、大人女性としての石原さとみさんでも、こどもらしいかわいらしさが残っていれば、だいじょうぶの感です。
かわいらしさを演出するのに、どことなく小学生の笑顔のような雰囲気があると、やはり前髪なしとぽっちのスタイリングには目にやさしい効果があります。
また、オフのデースタイルとして、有用でしょう。