彼氏の態度が冷たい・・遠距離恋愛の不安を乗り越える方法

遠距離恋愛中というのは、何かとトラブルが起こりやすくなるものです。
会いたいのに会えないストレスが大きくなり、お互いに不満を抱きやすくなるからです。
そのうえ、彼氏に冷たい態度をとられたら、居ても立っても居られなくなりますよね。
今回は、遠距離恋愛中に彼氏が冷たいと感じた時、どう対処すればよいのか解説していきます。



心のこもったプレゼントを贈る

彼氏が冷たいと感じるのは、もしかしたら、あなたの温もりがたりないからかもしれません。
記念日や誕生日などの特別な日ではなくても、心のこもったプレゼントを贈ってみましょう。
例えば、仕事が上手くいったというタイミングに、プチご褒美として、彼氏が欲しがっている物をプレゼントするのです。
「頑張って」「応援してるよ」といった手書きのメッセージカードも入れておくと良いですね。
わざわざ手間をかけてプレゼントを贈れば、彼氏はあなたの温もりを感じ、ラブラブ度がアップするでしょう。

サプライズで会いに行く

男性は女性よりも寂しさに弱い傾向があります。
いくら小まめに連絡をとりあっていても、やっぱり一人だと孤独を感じやすいのです。
ですから、できるだけ都合をつけて、サプライズで彼氏に会いに行きましょう。
定期的に会いに行くのはもちろんですが、予想していない時に会えると、とても嬉しく感じるものです。
会いたいを100回言うよりも、実際に時間を割いて1回会いに出かけるほうが効果的です。
冷たい態度をとっていても、あなたの存在をすぐ近くに感じられたなら、きっと優しくなるでしょう。

連絡の頻度を彼氏に合わせる

女性は不安になればなるほど、連絡を小まめにとりたがる傾向があります。
逆に男性は、不安に苛まれた女性の行動に、ややうんざりするものなのです。
毎日必ずLINEや電話をするとルールを決めても、忙しくて守れない時もあります。
そういう時に彼氏を問い詰めると、大抵は喧嘩をしたり、もしくは冷たい態度をとられてしまうのです。
争いを避けるためにも、連絡する頻度や時間帯などを、彼氏のペースに合わせてください。
何もかも彼氏に合わせる必要はありませんが、大まかにでも、ペース配分を心がけたほうが上手くいきます。

遠距離恋愛中に、彼氏の態度がよそよそしくなったり、冷たいと感じるケースはよくあります。
解決するポイントは、どれだけ手間ひまかけて彼氏に尽くせるかです。
プレゼントを贈ったり、ときどき会いに行くなどの努力は惜しまないようにしてください。
寂しいと嘆くばかりではなく、今できることにチャレンジして、彼氏の気持ちを繋ぎ止めましょう。