脈なし?気になる年下男子について

年下男子は純粋で一生懸命さがあって可愛いということなどから年上女性にとって魅力がある存在です。
素敵な年下男子がいるけれども、年上の女性からアプローチするのには勇気がいりますよね。
いろいろと考えてみながら行動をするということでも、まずは相手の気持ちを確かめておきたいという人は多いですよね。
そこで、年下男子のサインなどの傾向を知っておくと脈があるのか脈なしなのかということを知るのに参考になります。



連絡の頻度や内容

年齢が上だとか下だとかに関わらず、好きな人ができると男性は常に連絡を取って痛がるというところがあるといえます。
そのため、よく連絡がくるという場合には脈ありという可能性が高いといえます。
逆に、連絡ばかりをしているけれども相手からはほとんど連絡がないという場合には脈なしの可能性が高いといえます。
また、仕事の連絡であっても他の話題などにふれるなどのコミュニケーションの発展性がある場合と、義務的な仕事の連絡オンリーという場合もあって、どのような内容の連絡なのかというところは脈ありと脈なしを見分けるポイントといえます。

必要な話題以外の話題には触れない

仕事などで年下男子に連絡をする場合には、連絡はきても仕事の話などの内容オンリーなら特別な意味はあまりないといえます。
仕事の後輩で仕事以外の内容が届くという場合には脈がある場合もあるといえますが、仕事の後輩で仕事の連絡の実という場合には脈なしの可能性は高いといえます。

目が合わない

職場などに気になる年下男子がいるという場合、あまり目が合わないという場合には脈なしという可能性は高いかもしれませんよね。
気になる場合にはつい自然に眼がその人のことを追ってしまうというところもあります。
全然目が合わないという場合にはあまり脈があるともいえないところがあるかもしれません。

二人きりになりたがらない

2人きりになりたがるかどうかという点も脈ありか脈なしかというところを知るのに大きなヒントになるといえます。
脈ありだと、二人気になりたいという傾向があるといえ、そうではないという場合にはあまり脈はないかもしれません。

まとめ

年下男子は純粋で一生懸命さがあってキュートということなどから年上女性にとって魅力的な存在といえます。
そんな年下男子が脈ありか脈なしかということを見分けるためには連絡の頻度や内容、二人きりになりたがるかどうかなどのポイントからある程度知ることができるといえますよね。