告白したけれど振られた場合のその後の接し方

好きな人がいていろいろアプローチをして告白したけれども振られたという場合、その後はどう接していったらいいのでしょうか。
そこで、その後の接し方についてご紹介してみたいと思います。





好きな人に告白して振られてしまった

好きな人ができて告白したけれども振られてしまったという場合、OKしてくれるという気持ちが強いほど、その後のショックは大きいですよね。
職場などの場合には告白した人に会わなくなるということはないのではないでしょうか。
そんな時には、告白することで好きな人に気持ちを伝えていますので、その後、どうしたらいいのかわからないという場合も多いですよね。
そんな時には次のような接し方があります。
ご参考になればうれしいです^^

少し距離をとってみる

告白して振られたという場合には、自分も好きな人も気まずさが出てくる場合は多いといえます。
そのため、少し距離を置いてみるのはおすすめです。
その人にできるだけ会わない時間帯などを選んでみたり、通勤経路を変えるなどしてみると距離を置くことができます。

変わらずに接する

告白する前に、いい関係が作れているという場合なら、そのまま変わらずに接してみるという方法もあります。
距離をとるとなると他の人に何かあったのかと探りなどが入ったりする場合もありますし、その方が自分も疲れるという場合なら、そのまま変わらずに接するというのも一つです。
そのうち、相手の事情なども変わってきて、相手からいろいろと相談されるなどこれまでよりも信頼関係が築けることもあるかもしれませんよね。
周りに振られてしまったことを知られたくないという場合も、できるだけこれまでと変わらない態度で接してみるというのはおすすめです。

アピール続けてみる

告白したけれども振られてしまったという場合、相手の様子を見ながらアピールを続けるという方法もあります。
もちろん相手が嫌がっていないという前提になりますが、どんな人も自分のことを好きだといわれることは嫌なものではないですよね。
、アピールを続けてみるのもひとつの手です。

まとめ

好きな人がいて告白したけれども振られてしまったという場合、その後の接し方にはさまざま。
どれが正解!というものはなくて、まずはチャレンジから。
世の中どのようになるのかは誰にも分かりませんし、距離を置いたり、変わらず接したり、アピールを続けたりなど、様子を見ながらその後の接し方について考えてみるといいと思います。